DirtyBomb 課金要素

オープンβ直前に多くの課金要素が追加されました。
おそらく大きな問題がなければこのまま実装されるかと思いますので、解説を書いてみたいと思います。
まず最初に書いておきたいことは北米のFPSゲームはプレイヤーが極端に課金要素での強化を嫌うということです。
ブラジルなど南米系貧困層のプレイヤーやCS:GOなどの安価なパッケージゲームの多さも影響しているのかもしれませんが、とにかく課金のみのガチャで強い武器が手に入るなんて大韓民国製FPSゲームのようなものは敬遠される傾向があります。
だからといって課金する部分が早期アンロックのみでほぼないBlacklight: Retributionのようなゲームでは儲からずに会社ごとつぶれてしまいます。

“Nexon” America Incからのリリースということで、課金形態としてはその折衷案のような形になっています。

つまり~~
・ガチャで武器は手に入るけどゲーム内通貨でガチャを回す>ハズレもゲーム内通貨で合成して当たりに引き上げることが出来る
・キャラクターアンロックもゲーム内通貨でできるけど、高いのでアンロックしようと思ったらガチャが回せない(課金or)
~~というバランスがなされています。

結論としては無課金でも十分遊べます。
初期通貨3万をProxyなど工兵など必須兵科に回し、その後入手したゲーム内通貨は入手した3キャラクターのカードの合成に投入。
3キャラクターのゴールドカードがそろったら、あらためて必要だと思うキャラクターのゴールドカードならびにキャラスロットの入手に励むという感じでしょう。

ただこれだと使えるキャラクターのバリエーションが限られ、あくまでお試し~といった感じになってしまいます。

あのキャラもこのキャラも使ってみたい!という人はアンロックに課金をしてみましょう。

(注)このページの記事は現状と変わってることに気が付いたら随時修正していきます。

■スターターパック

・クローズドβ(おま国解除後)は~~
>クローズドβアクセス権
>Proxy、Vassili、Sawbonez、Arty、Fraggerの5兵科アンロック
>初期クレジット35000
のセットで1980円でした。

・オープンβ以降は~~
>Proxy、Vassili、Sawbonez、Arty、Fraggerの5兵科アンロック
>追加クレジット50000
>エリートケース×2個
のセットで2980円でした。

・Containment Warアップデート以降は~~
>Proxy、Vassili、Rhino、Naderの4兵科アンロック
>追加クレジット50000
>エリートケース×2個(A.Bと分かれました)
>18 Hour Credits Booster
のセットで2980円となりました。

正直なところ徐々に割高になっていく印象ですがお得なパックではありますし、”すでに始めているプレイヤーが買いやすい”変更となっているようです。
つまり初期実装の基本キャラクターすべてのアンロックにプラスして追加されるクレジット50000で新規実装キャラをどれか一つアンロックできます。
さらに値上がりした1000円相当の課金ガチャを提供・・・ということのようですね。

仮にスターターパックを購入し、オープンベータ開始時の全てのキャラクター5キャラクター(1つはスターターパックのクレジット使用)をアンロックした場合、2980円プラス約1200×4で7780円。
最近のPCパッケージゲームの平均的な価格だと思いますし、必要なキャラクター以外はアンロックしなければその分やすくなるハズです。

さらに楽をしてロードアウトカードも課金で買っちゃいたいとか、今後で追加されるキャラクターがなんか欲しい!って時もDLC的に追加購入も可能~~というのが現在のDirtyBombの課金方式となっています。

まあ実際のところロードアウトカードもブロンズ以上は性能変わりませんし、それぐらいならプレイしていると普通に手に入るケースを空けて合成しているだけで使えるロードアウトカード自体は手に入るはずですし、お金をためていけば今後追加されるキャラクターも十分アンロックできるでしょう。

個人的にはASIAサーバーの維持費用ぐらいは余裕のある日本人の課金だけで支えましょう~と思いますので、システムと意図を理解したうえで適度に課金してほしいと思います。

■ケース
kakin_01まずはケースについて。
ゲーム終了時にドロップすることもあります。雰囲気的にはこれらの課金要素が追加された際にドロップ率が落ちた印象。
そのかわりミッション達成時の報酬も含めて入手通貨が若干増えたように感じます。

このケースを開封することでロードアウトカードが1枚入手できます。
いわゆるゲーム内通貨で回せるガチャ

まあほとんど外れますがハズレでも合成することでゴールドまで合成することが可能です。
コバルトは今回から追加された当たりではありますが雰囲気的にはプレミアムスキンといった感じで、ゴールドまで合成できれば絶対に必要なものではないように感じます。

■エリートケース
kakin_02血の一滴まで神に祝福されたエリートの中のエリートのためのケースw
シルバー以上が確定。

1個で$4.99。まとめ買いで安くなり、5個で$19.99、10個で34.99.

さくっとゴールドを作るための素材が欲しいとか、どうしてもコバルトのプレミアムスキンが欲しいといった場合にはいいかも。
アップデートでコバルトのスキンも非常に高コストですが合成して作れるようになりました。

そうそう。アップデートではロードアウトの詳細画面ができた&ロードアウト購入画面で全ブロンズの画面が見れるようになったのでとりあえず手持ちのゴールドと重ねてみました。
完全に一致。

ちなみにブロンズがあればシルバー、ゴールド、コバルトはスキンの違いにすぎません。また合成時に得られるロードアウトカードの内容はランダムのようなので、シルバーの同じもの同士を合成したら必ず同じパターンのゴールドが出るという訳ではないようです。
またシルバー、ゴールド、コバルトにあるスキンも一種類ではなく、どのスキンとどの装備の組み合わせになるかは合成してみないとわかりません。

手持ちのキャラでいろんなブロンズを作ってみて、使いにくいようであればそれらを合成することで使いやすいものに変化するかも!というチャンスが3回あるって感じかな?

特に見た目にこだわりがないのであれば、後述のロードアウトでのブロンズの個別購入で、好きな組み合わせのロードアウトカードを買ってしまうのが手っ取り早いと思います。

 

■クレジットブースター
kakin_03ゲーム内通貨の入手額が2倍になるアイテム。
合成の費用が足りないとか、今日は一日暇なのでDirtybombやるぞい!といった時に購入するとよいかも。

6時間で$2.99と安いのである程度遊ぶ気ならば買っといたほうがいいのかな?

 

 

 

■ロードアウト
kakin_04ブロンズ限定になりますが、各キャラクターのロードアウトを個別で購入できます。
スキンにこだわりがないのであれば、一番欲しい装備のパターンをここで買うのが一番確実でしょう。

値段は$3.49もしくはゲーム内通貨・・・17500。
ゲーム内通貨でも買えますが割と高い。二枚で安い方のキャラクターがアンロックできちゃうぐらい。
とはいえ実際に通常ケースを1000で買っては合成するだけでももっとかかるので、割と良心的といったところかもしれません。

■バンドル
kakin_05各キャラクターのすべてのブロンズカードがセットで入手できるパック。
オーグメントや武器性能は説明だけでは分りにくいのでとりあえず全部使ってみたい人向けかな?

こちらも$14.99もしくはゲーム内通貨75000。ブロンズ6枚入り。

~~~とまあこんな感じ。
雰囲気としては苦労するのでとりあえずスターターパック買っておけよ?それだけあればあとはなんとかなるし。
ゲームしてるとどうせ入ってくるゲーム内通貨と通常ケースで合成してればブロンズなんかすぐ出来るし、とりあえず出来たブロンズが物足りなかったらロードアウトカードの個別購入でOK。
余った金で新規実装キャラを徐々にアンロックしていけばいいじゃない?という感じ。

個人的には現在ネーダー、キラ、スパークスの女のコパーティーで完全に固定になってます。アウラ、とプロクシもすぐに出せるように準備してはありますが最近はあまり使ってないかな?
初期3万あるので私と同じ構成にするのも無課金でも割とすぐだと思いますし、初期キャラと3万でプロクシあたりをアンロックしておけば大抵事足ります。その時々で時限アンロックキャラも結構いますしね。

ま、Pay to Winとか言われるようなゲームじゃないのは確か。Pay to Winじゃね?と思ったら自分の頭を疑いましょう。
多分そう思った瞬間にこのゲームに置いて無理に続けてもトラブルメーカーにしかならないと思いますので即座にやめていただいたほうがいいでしょうね。

 

 

About 奥田泰光 69 Articles
多分日本初のFPSゲーム(エルムナイトのリックモード)の開発者の一人でもあります。3DOのデイジーチェーンで8台までつなげる仕様をみてから20年ぐらいマルチプレイゲームの理想を考えてます。でも考えるだけで自分で作ろうとは思わない元ドッターのおっさんです。 【SteamID】FPSFUN.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*